来場時のご注意

来場時のご注意

会場には多くのお客様とワンちゃんがご来場されます。
なかには、他のワンちゃんがちょっと苦手な子やトレーニング中の子がいる可能性があります。すべてのワンちゃんが安心して楽しく過ごせるように、皆様のご協力をお願いいたします。

来場前に必ずご確認願います

排泄について
  • ワンちゃんのウンチは必ずお持ち帰りください。会場付近のトイレやゴミ箱に捨てないようにお願いいたします。おしっこをしたら、水で流してください。
  • パシフィコ横浜の施設や、会場近隣のマンションやビル周辺での排泄はしないでください。吠え声などにもご配慮をお願いいたします。
安全について
  • 来場中、ご自身のワンちゃんから目を離さないようにお願いいたします。
  • 他のワンちゃんが苦手な子がいたら、その子が安心できるスペースを確保できるようにご配慮願います。一方的に近づいたり、触ったり、犬同士を近づけたりしないようにしましょう。
  • 会場内では必ずリードをご着用ください。伸縮リードは、短くロックした状態でご使用ください。
  • ヒート中、伝染性の疾患(皮膚疾患含む)、必要な予防接種をうけていない愛犬(獣医師の判断で接種見合わせの場合は除く)は入場できません。
  • 興奮しすぎていると判断されるワンちゃん、攻撃的なワンちゃんの場合、入場をお断りする場合がございます。
  • 安全のため、会場内への犬以外のペット同伴はお断りいたします。
  • ワンちゃんのトラブル、事故、怪我につきましては飼い主様の自己責任となります。愛犬同士のトラブルにつきましても当事者同士での解決をお願いいたします。ただし、咬傷事故などで飼い主様やワンちゃんが怪我をしてしまった場合、届出などが必要になる場合がありますので、受付迄ご報告ください。

事故が起こってしまったら

犬の咬傷事故などが起きてしまったら、まずは受付までご連絡ください。状況に応じて応急処置などの対応をさせていただきます。

上記にもありますが、ワンちゃんのトラブル、事故、怪我につきましては飼い主様の自己責任となります。愛犬同士のトラブルにつきましても当事者同士での解決をお願いいたします。スムーズなトラブル解決のため、咬傷事故が起こってしまった場合は、お互いの飼い主様同士で連絡先の交換をお勧めいたします。

愛犬が他の犬に噛まれてしまった時
  1. 会場内には獣医師が待機しておりますので、まずは受付にお越しください。
  2. 獣医師の判断により動物病院の受診をお勧めする場合があります。
飼い主様が噛まれてしまった時
  1. まずは受付にお越しください。状況に応じ、応急手当や病院への搬送などの対応をいたします。
愛犬が他の犬や人を噛んでしまった時
  1. 噛んでしまった翌日までに、横浜市西区福祉保健センター生活衛生課(西区中央1-5-10 045-320-8444)に必ず届け出をしてください。
  2. 噛み付いてしまった犬の飼い主は、2日以内にその犬を獣医師に検診させて、狂犬病にかかっていない事を確認するための鑑定を受けなければなりません